So-net無料ブログ作成
検索選択
ギター練習 ブログトップ
前の5件 | -

ステージでメタリカ演りました [ギター練習]

久々更新のTURKUです。
まあ、色々とありまして・・・。
ギターへのモチベーションもなかなか上がりません。

そんな状況の中、先日、私が通っているギタースクールLIVEイベントがありました。
今回は、練習する時間も気力もないため、出演を辞退するつもりだったのですが、いつの間にかエントリーされていたため、やむなく参戦することに。
今回演ったのは、年頭の記事に書いたMETALLICAのESCAPE。
この曲は、キーもそれほどきつくないし、ギターもソロ以外はそれほど難易度は高くないので。
ただ、今回も歌詞を覚えるのは苦労しました(^_^;)

Feel no pain, but my life ain't easy
I know I'm my best friend
No one cares, but I'm so much stronger
I'll fight until the end
To escape from the true false world
Undamaged destiny
Can't get caught in the endless circle
Ring of stupidity

Out of my own, out to be free
One with my mind, they just can't see
No need to hear things that they say
Life is for my own to live my own way

Rape my mind and destroy my feelings
Don't tell my what to do
I don't care now, 'cause I'm on my side
And I can see through you
Feed my brain with your so called standards
Who says that I ain't right
Break away from your common fashion
See through your blurry sight

Out of my own, out to be free
One with my mind, they just can't see
No need to hear things that they say
Life is for my own to live my own way

See they try to bring the hammer down
No damn chains can hold me to the ground
Life is for my own to live my own way

たったこれだけなのですが、なかなか暗記できませんでした。
特に2番の歌詞が・・・。
毎日暗唱したのですが、脳の老いには困ったものです。

またしても歌に不安を迎えながら迎えたLIVEでしたが、LIVE HOUSEでの演るのも3回目ということもあり、今回はほとんど緊張しませんでした。
人前で演奏することに慣れてきたのでしょうか。

escape1.jpg


escape2.jpg


緊張はしなかったのですが、歌詞はしっかりとぶっ飛びました!
それも、不安だった2番ではなく、1番の歌詞が!
仕方なく、2番を2回歌ってしまいました(^_^;)

ただし、英語の歌詞のため、誰も気付かず。

まあ、そんなもんでしょう。

問題の当日の音源は、これです。



microBRを会場に持ち込んで録った音源ですが、置いた位置が悪かったらしく、残念ながら私のギターの音はほとんど拾えていません(音源のギターは、もう一人のギタリストの音です。)。
私の担当だったソロ後半は、ワウを踏んだり、アーミングを入れたり、色々とやってみたのですが。

まあ、今回も色々ありましたが、自分では納得できるステージでした。
次は、夏。
それまでにギターへのモチベーションが上がってくれるといいのですが。
nice!(8)  コメント(11) 
共通テーマ:音楽

今度は歌にも挑戦します [ギター練習]

ご無沙汰しております。
TURKUです。
少しの間だけブログから離れるつもりだったのですが、気付いたら前回の更新から4ヶ月経ってしまいました。
これだけ離れると、さすがに筆が重くなりますね。

その間、何をしていたかというと、

妖怪ウォッチの行列に並んでいました。

って、半分ホントで半分嘘です。

7月19日の劇場版妖怪ウォッチの特典メダル付き前売り券の列には並びました。
この日は、全国の映画館で早朝から大行列ができた日。

http://matome.naver.jp/odai/2140571855391549401

私が行った映画館では、朝6時30分からの整理券配布となっており、その20分前に並んだのです。
どうせ映画を観に行くのだから、せっかくなら特典付きにしようという軽い気持ちでした。
ところが、映画館に着いてビックリ!
既にもの凄い列ができていました。
で、もらった整理券はこれ。

整理券.jpg


なんと354番目。
タイトル部分が黄色なので、買えるか微妙らしい・・・。
それからドキドキしながら待つこと2時間。
何とか妖怪メダルが手に入りました。

妖怪.jpg


私の5人ぐらい後ろで売り切れていたので、ホントにギリギリだったようです。
こんな行列、もう並びたくない・・・。

で、今日は、妖怪ウォッチ零式の発売日。
今日も凄い行列だったみたいですね。

http://matome.naver.jp/odai/2140688722291208501

子供たちが妖怪ウォッチにハマっているので、買ってあげたい気持ちもあるのですが、あの列に並ぶのはもう嫌です。

おっと、前置きが長くなりました。
前回の記事で初ステージを体験したTURKUですが、次のステージが決まりました!
なぜバンドも組んでいないのに次のステージが決まったのか?

実は、いつまで経っても上手くならないギターにまたまた挫折しかけており、モチベーションを上げるために、昨年の夏に近所のギタースクールに入ったのです。
レッスンは月に1回だけですが。
そのギタースクールが半年に1回、受講生によるLIVEイベントを行っており、それに前回から参加しているのです。
だから、1曲だけのステージなのです。

で、次は、なんと!

私が歌います!

実は、前回のステージでもHR/HM系の曲を演りたかったのですが、歌ってくれる人が見つからず、RADWIMPSになってしまったのです。
次は、なんとしてもHR/HM系の曲を演りたい。
となると、自分で歌うしかない!
大学時代にやっていた合唱では、テノールのトップだった私。
当時は、小野正利の「YOU'RE THE ONLY」をカラオケで声を裏返しながら(!)も歌っていた私。





ならば、いまでもある程度キーの高い曲もいけるはず。
ということで、歌うことになりました。
で、演る曲は、JUDAS PREIST!

PAINKILLER!



じゃなくて、



BREAKING THE LAWです。
私のキーでは、この曲が限界です。
念のため、半音下げますが(^_^;)

ということで、次のステージに向けて、エフェクトボードを少し更新しました。

エフェクトボードVER.2.jpg


前回のステージで使ったものから、多少変わっています。
前回はこれです。

エフェクトボード2.jpg


変更点は、近いうちに報告します。


Painkiller

Painkiller




British Steel (Exp)

British Steel (Exp)

  • アーティスト:JUDAS PRIEST
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 2001/05/30
  • メディア: CD



nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:音楽

リベンジのスタジオ入り [ギター練習]

TURKUです。
来週、いよいよ新居へ引っ越しますので、この家での最後の更新になります。
進まぬ荷造りのペースを上げねば!
今週末が勝負です。

さて、2週間ほど前の話になりますが、ブログを通じて知り合ったキョロさん、sinkenさん、DONさんとスタジオ入りしました。
キョロさん、sinkenさんとは、昨年夏に1度スタジオ入りしているのですが、その時の出来に不満が残り、リベンジしようという話になっていたのです。
前回は、ギター3本だけでしたが、今回は、DONさんがドラムで参加です。

スタジオ1.jpg


今回のスタジオ入り、私は新兵器を持ち込みました。
それは、これです。

throttle box.jpg


以前の記事で紹介したMesa/BoogieのThrottle Boxです。
これを手に入れるため、Fernandes ZO-3、PLAYTECH HEAVEY METALそしてHR/HM系のCDを20枚ほど手放すことになりましたが。

ZO-3.JPG


(ZO-3は、あまり弾いていなかったので、平成10年に買ったものにも関わらず、ほぼ満額の査定額でした。)

このペダルとFender Twin Reverbで音を作ったのですが、なかなか良かったですよ。
この歪みでご飯3杯はいけそうです(意味不明)。

fender.jpg


足下.jpg


今回は、リベンジということで、曲目は前回と同じく、KISSのDETROIT ROCK CITYとDEEP PURPLEのHIGHWAY STARの2曲です。
音源は、キョロさんがミックスダウンしてくださいました。
左チャンネルがsinkenさん、DONさん(Ds)、右チャンネルがキョロさんと私です。



DETROIT ROCK CITYでは、今回も私がエースのパートを弾かせていただきましたが、メタメタですね(T_T)
言い訳をさせていただくと、2月以降、仕事が忙しくてほとんど練習できなかったんですよ。
(元々下手というのもありますが・・・。)
それでもソロのハモりを形にしてくださったsinkenさんに感謝です。



HIGHWAY STARでは、キョロさんとsinkenさんのソロのハモりがさすがですね。
前回よりもさらに進化しています。
バッキングを弾きながら、二人のプレーに見入ってしまいました。

スタジオ2.jpg


この写真は、キョロさんとsinkenさんがアドリブでジャムっているシーンです。

また、ドラムがあるだけで、雰囲気が変わりますね~。
バンドをやってるような気分になりましたよ。
2曲とも叩いたことがないにも関わらず、いきなりこれだけ叩いてしまうDONさんもさすがドラマー!

私がかなり足を引っ張りましたが、前回のリベンジができたのではないかなと思っています。

スタジオ後は、反省会。

反省会.jpg

爆音の後の1杯はサイコーですね!
(キョロさんは車なので、ノンアルコールでした。)
次回は、7月頃にやろうという話になりました。
今度こそしっかりと練習せねば!

キョロさん、sinkenさん、DONさん、お疲れ様でした。
次回もよろしくお願いします。
また、キョロさん、今回も車で自宅まで送っていただき、ありがとうございました。
nice!(12)  コメント(29) 
共通テーマ:音楽

クリーンで弾くのは難しい・・・ [ギター練習]

まだ5歳の子供たちがいきなり筋肉少女帯の「日本印度化計画」を歌い出したので、驚いてしまったTURKUです。
筋少大好きの私ですが、今後の影響を考え(?)、これまで一度たりとも子供たちに聴かせたことはありません。



なぜ?
と思ったら、テレビ東京の「ピラメキーノ」の中でオンエアされていたんですね。

http://o-kenkikaku.blog.so-net.ne.jp/2012-09-03
http://king-show.eplus2.jp/article/290070047.html

さて、話題は変わりまして、私には、ウォーミングアップ時に必ず弾く曲があります。
それは、THE POLICEのROXANNE。



以前受講していたYAMAHA MUSIC LESSON ONLINEのレパートリー編に取り上げられていた曲です(この記事です。)。
レッスン本編の修了後、何か1曲弾いてみようかと思って、何となくピックアップ曲ですが、この曲の難しいことといったら。
音自体に難しいところはありませんが、普段は歪ませた音でパワーコードしか弾かない私には、特にAメロ、Bメロのストロークのところの音をきれいに鳴らすのが私にはとても難しいんですよ。
クリーンサウンドなので誤魔化すこともできませんし。
また、フルコードが多いので、1回弾くだけで、左手が痛くなります。
そんなわけで、この曲を必ずウォーミングアップとして弾くようになりました。
ですが、いつまでたっても上手くなりませんね。
ちなみに、今はこんな状態です。



ギターは、KILLER KG-STARSHELL、音はBOSS ME-25のアンプモデル「CLEAN」で作っています。
オケは、YAMAHA MUSIC LESSON ONLINEのもの(なので、メトロノーム的なものが入っています。)。

音がきれいに鳴っていないところ多数。
リズムがおかしくなっているところ多数。
単純だけど、私には本当に難しい曲です。
これまで同じテンポで弾き続けてきましたが、これからはテンポを落として練習してみようかなって思っています。
nice!(12)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽

約束のスタジオへ [ギター練習]

TURKUです。
今日は、新番組「仮面ライダーウィザード」の初回放送日。
息子は、先週からずっと楽しみにしており、何と今日は6時起き。
そこまで楽しみにしていたとは!
で、初回の放送を見た私の感触は、たぶんフォーゼに時のようにハマらないかなって感じです。
まあ、息子と一緒に見続けていれば、それなりにハマるのかもしれません。

さて、先日、このブログで知り合ったギター仲間とついにスタジオ入りをしました!
昨年のTOKYO GUITAR SHOWで初めてお会いしたとき(これです。)に、次はスタジオでという約束をしていたのですが、その約束がついに実行されたのです。
メンバーは、キョロさん、sinkenさん、そして私の3名。
春頃からメールで課題曲決め等のやりとりをしていたのですが、皆さん多忙なこともあり、なかなか進まず。
私自身も曲を提案しておきながら、なかなか取りかかれず。
最終的に今回の課題曲は、キョロさんの提案で3名とも弾いたことのあるKISSのDETROIT ROCK CITYと定番のDEEP PERPLEのHIGHWAY STARでまとまりました。

まず、今回使用したスタジオには、アンプが3台。
割振は、なんとなく入ったときの立ち位置でキョロさんがVOX、sinkenさんがLANEY GH100L、そして私がMARSHALL JCM900となりました。

laney&marshall.jpg


vox.jpg


私の足下はこんな感じ。

足下.jpg


自作A/B BOX → 自作ブースター → PLAYTECH HEAVY METAL(ディストーション) → IBANEZ TONE-LOK DE-7(デジタル・ディレイ) → アンプとなっています。
パッチケーブルとシールドは、もちろん先日自作したものを使用。
手前のZOOMのH4nはキョロさんのものです。

持ち込んだギターは、キョロさんが2002年製のGIBSON LES PAUL、sinkenさんがオーダーメイドのTOKAIカスタムタイプ、私が2009年製 GIBSON LES PAUL TRADITIONAL PROと3人ともLES PAULとなりました。

まず、DETROIT。
私は、以前にKIXXsでコラボさせていただいた曲でしたので大丈夫かなと思っていましたが、結構忘れていましたね。
エースのパートを演らせていただきましたが、お二人の足を引っ張りまくり。



音源は、キョロさんが編集してくださいました。
マイクが2本でしたので、1本はsinkenさんと私のアンプの間(左チャンネル)、もう1本はキョロさんと私のアンプの間(右チャンネル)にセットしています。

それにしても、私のプレーはひどいですね~。
まず、Aメロの裏拍が取れていません。
そして、せっかくのソロもメタメタ。
まともに弾けていない_| ̄|○
右チャンネルで安定したソロを披露しているのがキョロさん。
エンディングの最後で音を間違えているのは私・・・。
思いっきり目立っていますね(^_^;)
次回までに譜面をしっかりと確認しておきます。

続いてHIGHWAY STAR。
ソロが苦手な私は、見せ場のソロを免除していただきました。
とてもお二人のように弾けませんから・・・。
ですので、この曲はバッキングに専念。
その代わりに最後のチョーキングからの軽いソロをいただきましたので、そこだけは何となくペンタでテキトーに弾かせていただきました。





ソネブロは5MBまでしか掲載できないため、音源を2本に分けています。
バッキングだけにも関わらず、コードを間違えているところ多数。
幸いにも音源では目立っていませんが。
もっと練習しなければなりませんね。

最後にキョロさんとsinkenさんがAEROSMITHのWALK THIS WAYを合わせていました。
この曲、難しそうですね。
私には、バッキングパートでたぶんお手上げ。
(この曲は、音源なしです。)
さらっと弾いていたお二人はさすがです。

渋く決めるキョロさん。

キョロさん.jpg


スティーブ・クラーク張りの低い構えがカッコいいsinkenさん。

sinkenさん.jpg


ということで、あっという間の3時間でした。
お二人からよい刺激をいただきました。
一人で弾いているとどうしてもモチベーションが下がるときがあるんですよね。
ギターと楽しくつきあうためにも、こういう機会は大切ですね。

キョロさん、sinkenさん、楽しい時間をありがとうございました。
そして、キョロさん、私の自宅まで車でお送りいただき、ありがとうございました。
また次回、一緒にスタジオ入りできる日を楽しみにしています。

その前に、私はもっと練習が必要ですね。
nice!(6)  コメント(19) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - ギター練習 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。