So-net無料ブログ作成
検索選択
ギター ブログトップ
前の5件 | -

ステージ 2015年夏! [ギター]

ご無沙汰しております。
TURKUです。

今年の夏は、お盆以降、涼しいですね。
我が浦和レッズも涼しい、というよりお寒い試合を続けています。
1stステージの勢いは、いったいどこへ・・・。
横浜マリノスに0-4で、アルビレックス新潟に0-5で敗戦。
何をやっているんだ!
毎年毎年、夏に失速。
選手固定では、レギュラー陣は疲弊し、サブ陣は試合感不足。
ナビスコで急に試合に出ていない選手を使っても活躍できるはずはない!
ミシャ監督は、毎年同じことを繰り返しています。
この監督がタイトルに無縁だった理由がよくわかりました。
ミシャ体制、もう、限界でしょう。
それにしても、2ステージ制に最も反対した浦和が、2ステージ制の恩恵を最も受けているとは、情けない・・・。

久々の更新なのに、レッズの情けなさにエキサイトしてしまいました。

さて、先週末の話となりますが、LIVEをやりました。
といっても、私が通うギター教室のイベントなので1曲だけなのですが。
やった曲は、THE YELLOW MONKEYのSPARKです。



この曲、私のチョイスではありません。
なぜなら、今回は、他のメンバーの都合で自分のバンドによる出演ができず、他のバンドにギタリストとして参加したからです。
でも、この曲、弾いていて楽しかったです。
ステージでも、ノリノリで弾くことができました。

2015夏.jpg


というより、ノリすぎた?
観に来てくれた妻曰く、「あんなに体を振って弾いていた人はいなかった」とのこと。
いいじゃないですか。
本人は、楽しかったんですから。

今回は、歌わなかったので、楽だったし。
(自分のバンドではないので、音源の掲載はなしです。)

ちなみに今回のエフェクトボードは、こんな感じです。

2015夏エフェクトボード.jpg


前回とまた少し変わっています。
さて、どこが違うでしょうか。

<前回までのエフェクトボード>
エフェクトボードVER.2.jpg


一目瞭然ですね。
まず、ブースターを入れ替えました。

BBE.jpg


自作モノから音屋で買ったBBE Boosta Grandeに。
なぜ、このブースターにしたかというと、使っている人が少ないから。

そして、一番後ろの空間系をIBANEZ DE7からZOOM MS-50Gに変更。

MS-50.jpg


これは、この曲のAメロにフランジャーが必要だったからです。
最初は、フランジャーの代わりにARIONのSCH-Zを使っていたのですが、踏むと音量が上がってしまい、使い物にならず。
掛かり方がエグいので、音質的には使っても大丈夫そうだったの残念。
写真のとおり、VINTAGE FLANGERだけ使いました。
多少デジタル臭さはありますが、十分使える音ですね。
単3電池使用というのもポイントが高いです。
(私は、エネループを使っています。)
コストパフォーマンスの高いペダルです。
今回の変更により、IBANEZ DE7、ARION SCH-Z、MOC-1の3つのペダルを手放しました。

SCH-Z.JPG


MOC-1.JPG


実は、もう一つ変更点があります。
パッチケーブルのプラグをハンダ付けなしのLAVA CABLEのものからG&Hに変更しました。
ハンダ付けなしだと、接触不良をよく起こすので、LIVEで使うにはちょっと不安。
すべてプラグは、ハンダ付けとしました。
やはり、この方が安心できます。

ということで、今回のステージ、出来はともかく、楽しかったです。
次回は、自分のバンドで出たいです。
今から選曲をしています。
BULLET FOR MY VALENTINEがいいなあ。
マットの声域なら、私でも出せそうだし。









次回の春のステージが楽しみです。
(実力的にSCREAM AIM FIRE とWAKING THE DEMONは無理ですが、好きな曲なので載せました。)
nice!(10)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

いつの間にか材質が変わっていたGibsonのピック [ギター]

TURKUです。
最近、自宅PCの調子が悪くなりました。
何度もフリーズを繰り返します。
バックアップしてあった復元ポイントの状態に戻しても変わらず。
結局、購入時の状態まで戻すしか手段はなくなり、リカバリに丸々1日を費やすことになってしまいました(T_T)

さて、皆さんはどんなピックをお使いですか?
私は、ギターを再開した7年前からGibsonのトライアングルのミディアムを使っています。

http://turku.blog.so-net.ne.jp/2007-02-17

この記事にも書いているとおり、なんとなくこのピックを選んだのですが、弾いているうちにこれが一番弾きやすいピックとなりました。

ストックがなくなったので楽器屋さんにこのピックを買いに行ったところ、デザインがちょっと変わっていました。
以前のものは、「Gibson PURE M」とプリントしてあったのですが、今回買ったのは「Gibson M」とプリントが変わっています。

<以前買ったピック「Gibson PURE M」>
pure m.jpg


<今回買ったピック「Gibson M」>
m.jpg


買うときは、単にプリントが変わっただけかなって思っていたのですが、弾いてみると違和感があります。
まず、硬さが違う。
「Gibson M」は「Gibson PURE M」より硬くなっています。

比較1.jpg


写真ではわかりにくいと思いますが、材質が変わっているようです。
そのうえ、厚さも違うような気がします。
「Gibson PURE M」は、保管状態が悪いと使っていなくても反ってしまったので、その辺を改善したのかもしれません。

もう一つの違いは、大きさ。

比較2.jpg

(下が「Gibson M」)

重ねてみると「Gibson M」の方が微妙に大きい。
「Gibson PURE M」に慣れている私にとっては、今回買った現行モデル「Gibson M」はちょっと弾きにくい・・・。
もちろん、現行モデルも他社のピックよりは一回り小さいのですが。

例えば、以前に1枚21円の安さに惹かれて音屋で大量に購入したPeavey。
大きさは、Fender等の他社のトライアングルと一緒です。

peavy.jpg


これを「PURE M」と比べてみると、1回り大きい。

比較3.jpg

(下がPeavey)

それに比べれば、現行モデルの「Gibson M」の方が「Gibson PURE M」に大きさは近い。
楽器屋さんで「Gibson PURE M」と全く同じ大きさのピックを探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。
そうなると現行モデルの「Gibson M」に慣れるしかありませんね。
それにしても、いつモデルチェンジしたのだろう・・・。

今日は、ちょっと時間があったので「Gibson M」に慣れるため、1曲録ってみました。
選んだ曲は、なぜかアニメソング。
娘がよく見ている「プリパラ」の以前のオープニングテーマ「Make it!」。
娘は、「アイカツ」より二番煎じの「プリパラ」の方が好きらしい。

ギターはBC.RICH ASM-PROで、私の演奏は右チャンネルです。



パワーコードしか弾かない(弾けない?)私には、Bメロのようなアルペジオは苦手です(^_^;)
たまにはこういう曲を弾くのも楽しいかも。
nice!(9)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

ヴォーカルデビューしました [ギター]

TURKUです。
浦和レッズのホームタウンに引っ越してきて1年半。
息子がやっとサッカーに興味を持ち始めました。
明日は、息子と親子サッカー教室です。

さて、先週末は、私にとっての2回目のステージでした。
3月の初ステージ(これです。)が散々な出来であった私にとっては、リベンジのステージです。
前回のステージとの決定的な違いは、私が歌うということ。
これが、大変でした。
たった1曲だけなのに歌詞が覚えられない・・・。

There I was completely wasting, out of work and down
All inside it's so frustrating as I drift from town to town
Feel as though nobody cares if I live or die
So I might as well begin to put some action in my life

Breaking the law

So much for the golden future, I can't even start
I've had every promise broken, there's anger in my heart
You don't know what it's like, you don't have a clue
If you did you'd find yourselves doing the same thing too

Breaking the law

通勤時のWALKMANで何度も聴き返してとにかく頭にたたき込みました。
ですが、緊張で本番に歌詞が頭から吹っ飛んでしまったらどうしよう・・・。

こんな不安を抱えながら、まず、リハーサル。
歌詞は大丈夫だったのですが、緊張して指が動かない(^_^;)
実は、Breaking the lawの前にThe Hellionを入れたのですが、全く弾けませんでした・・・。
これはやばい・・・。

そして、いざ本番。
不思議なことに緊張は解けていました。
リハーサルで指が動かなかったThe Hellionも特に問題なし。
気持ちよく次のBreaking the Lawに繋げることができました。
歌詞も頭から吹っ飛ぶこともなく、何とか完奏。

stage1.jpg


当日、micro BRを会場に持ち込んで演奏を録ってみました。



私のギターパートは、

The hellion       前半 ユニゾンでメロディ、後半 メロディの上のパート
Breaking the Law   リフとバッキング

です。
こうして聴き返してみると自分のギターはそれほど大きな問題がなかったような気がします。

ただし、ヴォーカルは問題ですねえ(^_^;)
勢い余って音を外したり、音が上がりきっていなかったり・・・。
自分の歌がこんなにヘタだったとは(^_^;)
もう少しマシだと思っていたのですが・・・。

今回の自己採点は、60点ってところでしょうか。
それでも、前回のステージのリベンジはできたかな。

今回残念だったのは、せっかく購入したDetox EQが壊れて使えなかったこと。

detox eq.jpg


一応保証期間中ですが、買ったのがネットで見つけたかなりいい加減な店。
違う商品を平気で送りつけてくるような店でしたから、きちんとした保証が受けられるかわかりません。
また不快な思いをするのも嫌なので、リペアショップに持ち込むつもりです。

それはともかく、こうして無事にステージを終えることができました。
次回は、アコースティックのイベントがあるらしいので、それにも出演してみようと思っています。
nice!(7)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

初ステージは散々・・・ [ギター]

TURKUです。
先週は、年度始めということでとにかく忙しかったです。
土曜日はゆっくりと寝たつもりですが、疲れが取れません。
年のせいなのかなぁ。

さて、先週末は、私の初ステージでした。
1曲限定とはいえ、一応ライブハウス。

会場入り後、まずリハーサル
このLIVEには、多数のバンドが出演するため、リハーサルの時間も限られます。
機材のセッティング確認のため、1コーラス分しか演奏できません。
それでも、このリハーサルは上手くいきました。
これならば、本番も大丈夫だろう。
自分たちのデキにちょっと満足。

しかし、本番は別物でした。
私は、ステージに立つ前に2つの失敗をしてしまいました。

まず、待機時に第1の失敗。
前のバンドの演奏時にステージの袖で待っているのですが、重いエフェクトボードを持ったまま立っていたので、いざ自分達の番になった時、手が痺れていました・・・。

そして、第2の失敗は、エフェクトボードの接続ミス。
暗い所でパッチケーブルを繋いだため、エフェクトボードの接続不良があったようです。
自分の音量がリハーサルの時と変わってしまい、自分の音が全く聞こえません。

いきなり2つの失敗をしてしまった私。
まともに演奏できるはずがありません。

まず、曲の出だしに入れませんでした(T_T)
出だしだけは、練習時から一度もミスしたことがなかったのに。

自分の見せ場であるの間奏のダブルチョーキングもミス。

ステージ上で、自分が何を弾いているのかわからない状態でした・・・。

そんな状態でも、観客席の子供たちの顔を見る余裕だけはありました。
妻によれば、余裕を持って弾いているように見えたそうです。

一応、私のステージ上の写真です。

live1.jpg


Live2.jpg


ステージは、難しいですねぇ。
本番の難しさを身をもって知りました。
今回の出来は、0点以外つけられません。

次回のステージは、8月下旬。
次回は、今回のリベンジを果たしたいと思います。
nice!(15)  コメント(30) 
共通テーマ:音楽

KILLER KG-STARSHELLのPU交換(その2) [ギター]

TURKUです。
関東地方は、今週末も大雪でしたね。
昨日の夜は残業するつもりでしたが、電車が止まるとまずいので、早めに帰宅しました。
電車のダイヤは乱れていましたが、特に大きな問題もなく最寄り駅に到着。
駅から自宅までの帰り道、携帯で何枚か撮ってみました。

雪道.jpg


雪道2.jpg


暗いうえ、風が吹く中で撮ったので、ブレブレです(^_^;)

帰宅してみると愛車もすでにこの状態。

愛車.jpg


今週末もおとなしく自宅待機か・・・。

さて、昨年にリアPUを交換したKILLER KG-STARSHELLですが(これです。)、我慢できずにフロントPUも交換してしまいました。

選んだPUは、Seymour Duncan SH-2 Jazzです。

sh-2 1.jpg


sh-2 2.jpg


これを選んだ理由は、タッカンがTB-14と組み合わせて使っていたから。

http://www.killer.jp/killer/guitar/kg_prime_signature05.html

アッシュやメイプルと相性がいいのだろうと勝手に解釈しました。

まず、既存のPU配線の確認。

配線 before.jpg


5WAYスイッチの左から3番目の黒がHOT、一番右の青と赤がTAP、そして白がGROUNDです。

これをSH-2に置き換えます。
黒がHOT、赤と白がTAP、そして緑と裸線がGROUNDです。

配線 after.jpg


前回はハンダ付けにそれほど苦労しなかったのですが、今回はちょっと苦戦しました。
HOT線のビニールをハンダごてで少し溶かしてしまうなど、仕上がりが非常に汚いです(^_^;)
でも、音が出たので良しとしました。

starshell1.jpg


starshell2.jpg


フロント、リア共にSeymour Duncanのロゴ。
このロゴを見ているだけで、満たされたような気分になります。

では、サウンド面ではどれくらい変わったのか、比較のため少しだけ音を録ってみました。

まず、交換前の音。



交換後は、こうなりました。



交換前よりも芯のしっかりとした音になるとともに艶が出たような気がします。

コイルタップではどうでしょう。
まず、交換前の音。



そして、交換後の音。



同じように少し芯のしっかりとした音になったような気がします。

せっかくフロントPUを交換したのだから、ソロの練習でもした方がいいのかなぁ。
音源のチョーキングの音程も不安定だし(^_^;)
ソロがほとんど弾けないTURKUでした。
nice!(13)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | - ギター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。