So-net無料ブログ作成
検索選択

新生GOTTHARDのNEW ALBUM [HR/HM]

今日の試合、レッズは仙台に勝っておきたかったなあ。
マルシオのシュート、惜しかったなあ。
達也のシュートは、本当にオフサイドだったのかなあ。
悔しい気持ちでいっぱいのTURKUです。

さて、6月20日に新生GOTTHARDのNEW ALBUMがリリースされました。

gotthard1.jpg


2010年10月に事故に巻き込まれてこの世を去ったスティーヴ・リー(この記事です。)
彼の訃報は、本当にショックだったです。
何しろ、私にとっては世界最高のヴォーカリスト。

その後、バンドは、ニック・メイダーなるヴォーカリストの加入を発表しました。
スティーヴ抜きのGOTTHARDをはたして私は聴くことができるのか。
正直、不安でした。
そんな中、2011年11月に新曲「Remember It's Me」を発表。



この曲を聴いて、安心しました。
これは、まぎれもなくGOTTHARDの新曲。
ニックの声は、スティーヴにかなり似ています。
声の伸びやブルージーさは違いますが、GOTTHARDとして違和感がありませんでした。

ということで、安心してNEW ALBUMを発売日に買いましたよ。

gotthard2.jpg


gotthard3.jpg


1曲目は、Starlightというミドルテンポの曲。



「Lift U Up」を彷彿させるGOTTHARDらしい曲です。
2曲目の「Give Me Real」、4曲目の「Fight」、9曲目の「Right On」は、ヘヴィなリフが印象的。



また、5曲目の「Yippie Aye Yay」(何語だろう?)は、オクターブ音を生かしたリフが特徴的。
12曲目のアップテンポの「I Can」なんて、まさに私のツボです。

これは、紛れもなくGOTTHARDのNEW ALBUMです。
全体的にまとまった良いアルバムに仕上がっています。

ただ、アルバムを通して聴くと、やはりニックはニック、スティーヴはスティーヴ。
声が似ているようで、似ていないなって強く感じました。
私にとってのGOTTHARDはスティーヴだけど、ニックのGOTTHARDももう一つのGOTTHARDとして、聴き続けていこうと思います。

きっとスティーヴもこのアルバムなら天国で納得していることでしょう。




ファイアバース

ファイアバース

  • アーティスト:ゴットハード
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: CD


nice!(11)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

nice! 11

コメント 20

コメントの受付は締め切りました
DEBDYLAN

おはようございます。

清水も昨日はホームで引き分け・・・
追いつかれただけに悔しいです。

「Starlight」が気に入っちゃいました♪
あのテンポ好きなんですよ~

by DEBDYLAN (2012-06-24 07:57) 

bickey

ジャケット、金掛かってますねww
なんかそんなとこばかり観ちまう^^;
by bickey (2012-06-24 08:19) 

haku

GOTTHARD あまり聴いたことなかったんですが、
ちょっぴりボンジョヴィのサウンドにも似てますね
アメリカのバンドかと思ったらスイスなんですね!
なかなかいいですねぇ♪
by haku (2012-06-24 12:21) 

seawind335

本当に悲しい衝撃的な事故でした。
彼らがこの困難を乗り越えて、再び歩み始めることを応援したいですね。
by seawind335 (2012-06-24 14:04) 

TURKU

>DEBDYLANさま

エスパルスも引き分けでしたよね。
昨日は、引き分けの多い節でした。
J1は、まだまだ混戦が続きますね。

「Starlight」、気に入っていただけて嬉しいです。
聴いていて、心地よいテンポですよね。
by TURKU (2012-06-24 22:54) 

TURKU

>bickeyさま

バンドの新たな旅立ちですので、ジャケットにも力を入れたんでしょう。
最近は、こういう紙のジャケットが増えているような気もします。
by TURKU (2012-06-24 22:56) 

TURKU

>hakuさま

GOTTHARD、スイスでは国民的人気バンドらしいです。
ギタリストのレオ・レオーニは、リッチー・サンボラと同様にトーキング・モジュレーター使いですし、確かにサウンド面でボン・ジョヴィに通じるものがあるかもしれませんね。
by TURKU (2012-06-24 23:01) 

TURKU

>seawind335さま

あの事故を知ったとき、私はしばらく立ち直れなかったんですよ。
それくらい、スティーヴのヴォーカルに惚れ込んでいました。
ただ、新生GOTTHARDも期待を裏切らないバンドでしたので、ファンとして聴き続けていこうと思います。
by TURKU (2012-06-24 23:04) 

TURKU

>yoshinoriさま

nice!、ありがとうございます!
by TURKU (2012-06-24 23:05) 

ginchanx_5150

私もこのバンド知りませんでしたがTURKUさんの記事から
ちょくちょく聴いてます。
新譜もいいですね〜、チェックします♪
by ginchanx_5150 (2012-06-25 03:16) 

luca

そういえばスティーヴの訃報はここの記事で知ったんでした。
あれからどうしたかと思ってましたが、見事に復活したんですね!
スティーヴ期のGOTTHARDをなかった事には当然できませんが
新たなスタートを切ってもなお紛れもなくGOTTHARDですね。
by luca (2012-06-25 18:27) 

KOVCH

TURUKUさん、こんばんは。
仙台は、なかなか負けてくれませんねぇ。
例年なら、そろそろペースダウンするはずなのですが。

ヴォーカルが変わるっていうのは大きな変化ですよね。
どっちが良いとか悪いとかでなく、どっちも良いと感じれば良いですよね。
by KOVCH (2012-06-25 20:51) 

TURKU

>ginchanx_5150さま

GOTTHARDは、私の2大バンド(もう一つはHAREM SCAREM)なので、記事にすることが多かったかもしれませんね。
今、通勤時にこのアルバムを聴き込んでいます。
ginchanxさんもぜひ。
by TURKU (2012-06-26 23:30) 

TURKU

>lucaさま

GOTTHARD、悲劇を乗り越えて、戻ってきてくれました。
私にとって、最高のヴォーカリストがスティーヴであることに変わりはありませんが、このアルバムは、GOTTHARDであることを納得させてくれる仕上がりです。
LIVEで観たいなって気持ちになっています。
by TURKU (2012-06-26 23:36) 

TURKU

>KOVCHさま

仙台、強いですね。
観ていて、チームとしての戦い方がしっかりとしている感じでした。
なかなかの難敵ですね。

ヴォーカルは、バンドの顔。
ヴォーカルの交代で路線自体が変わってしまうバンドもありますが、GOTTHARDはGOTTHARDでしたので、取りあえず一安心です。
by TURKU (2012-06-26 23:41) 

DON

あのトレラーの事故から・・・
はやいもんですねぇ~、もう1度Top of the world聴きたいなぁ(^^ゞ
ヴォーカルが代わっても、TURKUさんのお墨付きですね(*^^)v
by DON (2012-06-27 19:50) 

TURKU

>DONさま

あの事故からもう約2年。
バンドは、見事に復活しました。
新生GOTTHARDも安心して聴けます。
ただ、1度でいいからスティーヴの歌声を生で聴きたかったです。

by TURKU (2012-06-27 23:01) 

まちびとん

おお~懐かしい。
GOTTHARDは、1st持っています。
メロディアスハードの名盤でした。
本作気になります。要チェックです。。
by まちびとん (2012-06-30 11:01) 

TURKU

>Lobyさま

はじめまして。
nice!、ありがとうございます!
by TURKU (2012-07-01 15:17) 

TURKU

>まちびとんさま

GOTTHARD、初期はハードでメロディアスなHRをやっていましたよね。
ヴォーカルこそ変わりましたが、円熟味を増した良質なHRですので、是非聴いてみてください。
by TURKU (2012-07-01 15:24)