So-net無料ブログ作成
検索選択

オジェック監督解任に思う [愛する浦和レッズ]

 昨年のJリーグ連覇を逃してから、意図的に浦和レッズネタは避けてきました。
 しかし、昨日、オジェック監督解任、エンゲルス・コーチの監督昇格という大きな出来事がありましたので、久々に浦和レッズについて書きます。
 なお、いちサッカーファンの私見であることをあらかじめご了承ください。

 今年のJリーグ開幕から2連敗。
 おまけに無得点。
 高原、エジミウソン、梅崎という攻撃的な選手を補強したにも関わらず・・・。
 前線の選手は孤立し、中盤ではパスミス連発。
 頼みの守備もプレスが甘く、簡単に相手に抜かれる始末。
 チームとしての一体感がなく、その上、選手の闘う姿勢が全くなし。
 これが、現在の浦和レッズであり、昨年度のアジア王者の面影は全くありません。
 
 あれほど好きだった浦和レッズですが、オジェック監督の守備重視のつまらないサッカーを見せられているうちに、私自身の気持ちも薄れかけていました。
 今年は、「攻撃サッカー」に転換するとのことでしたが、結局何も変わらず。

 オジェック監督といえば、浦和にとっては伝説とも言える監督でした。
 Jリーグ開幕から3年目。万年最下位だったチームをいきなり3位にまで引き上げてくれたのですから!
 そのまま伝説でいて欲しかった。

 ただ、冷静に考えてみると、当時のレッズのサッカーは、ただのカウンターサッカー。
 ブッフバルト、ボリ、田口の強力3バックがインターセプトし、一気にトップ下のバインへ。
 バインから俊足FWの福田、岡野(もしくは大柴)へスルーパス。
 それを福田が決める(ペナルティエリア内でFWが倒され、福田がPKというパターンも多かった。)。
 戦術というほどのものはなかった様な気も。

 エンゲルス監督がどういうサッカーを見せてくれるのか、今はまだわかりません。
 それ以前に、最悪の状態にあるチームをどう立て直してくれるのか。
 ただ、とにかくワクワクするようなサッカーが見たい。
 また、若い選手もどんどん使って育てて欲しい(今までは、他のチームの若手が監督の期待に応えて活躍する姿が羨ましくてなりませんでした。)。
 
 そして、私を本来の姿(?)である熱狂的なレッズサポーターに戻して欲しい!
 WE ARE REDS! 

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。